ナルスアン島 / Nalusuan Island
セブ島の観光・旅行・生活情報
Nalusuan Island
ナルスアン島
アイランドホッピングで最も有名なナルスアン島
ジャンル CebuPia観光リゾートリゾート地
エリア オランゴ島周辺 
アクセス セブ島にあるダイビングショップや旅行会社のアイランドホッピング日帰りプランを利用して行くか、人数が多い場合は直接バンカーを借りて行く。
日帰り利用 人口:無人島
所属:コルドバ自治区
マクタン島から距離:30分
サイト共有
印刷する
ナルスアン島の基本情報
・島の名前: ナルスアン島
・人口: 0人(リゾート従業員のみ)
・観光客用施設: コテージ、レストラン有り、カヌー
・海岸線の状況: 砂
・シュノーケリング:可能
・距離:マクタン島から1時間
・入場料:上陸 P200.00, スノーケリング+上陸料 P200、ダイビングのみ=P150

ナルスアン島(Nalsuan Island)は、オランゴ環礁にある無人島の一つで、アイランド・ホッピングで訪れる島のなかでも人気を集めているリゾート島。島の南部は「サンクチュアリ」と呼ばれる魚の保護区にもなっており、最も有名な桟橋を渡った先ではシュノーケルを楽しむことができます。海に潜ると熱帯魚がたくさん泳いでおり、一緒に泳ぐこともできます。南の島のリゾート気分を満喫できるこの島には、レストランや宿泊施設もあり、カヌーがレンタルできたりもします。日帰りはもちろんのこと、1泊2日の日程でも楽しめます。
島全体がリゾートなのでご飯も少し高く、入場料もかかるのでアイランドホッピンのプランに入るとシュノーケルとランチと入場料の全部含まれて1500ペソ(前回紹介したa&b diveの学生値段)から2500ペソで楽しめます。
小さいけど人気なナルスアン島
セブのマクタン島から約1時間あまりで行ける小さいけどアイランドホッピングで有名なナルスアン島を紹介したいと思います。(アイランドホッピングとは、バンカーと言うフィリピンの船に乗って色んな島を見て回ることですが、そのプランの中にはランチとシュノーケルが付いてあります)ナルスアン島は30分程で全部見れるくらいの小さい島ですが、海はとても綺麗なのでシュノーケルに適した場所です。

<バンカーボートに乗って1時間くらい行くとナルスアン島が見えてきます。 >
この橋がナルスアン島で一番有名な場所です。また遠くに見える家の周辺でシュノーケルなど楽しめます。海の中には驚くほど熱帯魚がいっぱいいて興奮しました!


<こちらでシュノーケルを楽しめます。 >


<ダイビングポイントもあります。 >


<魚がいっぱい! >


<20ペソでエサも購入可能です。 >


<ナルスアン島の入口には一枚で分かる島のマップがあります。 >
こちらは入口の反対側にある海で、水泳をしたり引き潮の時は白い砂が広がるのでビーチバレーを楽しめます。


<満ち潮の時の様子 >


<引き潮の時の様子 >


<ナルスアン島に一つしかないリゾート >


<夕方になると静かでゆっくりできます。 >


<バンカーボートの乗り場です。 >


<こちらでシュノーケルやカヌーのレンタルが可能です。 >

ナルスアンレストランでフィリピンのBBQを楽しむのもいい思い出になります。アイランドホッピングのプランはランチが付いてますが、今回私が行ったのは1泊2日の旅行だったので夕食の写真です。基本内容は似ていてセッティングが夜の方がオシャレな感じです。


<お肉とシーフードのBBQ >


<マンゴーなどのフルーツも出てきます。 >

おすすめスポット
オランゴ島周辺の観光リゾート

パンダノン島

青々とした海と珊瑚礁、白砂のビーチが美しい島です。

カオハガン島

日本人の崎山克彦氏が所有し、住民たちと共存するサンゴ礁に囲まれた島。

オランゴ島

マクタン島からも近く、渡り鳥が飛来するマングローブ湿地のある島

ナルスアン島

アイランドホッピングで最も有名なナルスアン島

フィリピン留学ならフィルスタディ(Philstudy)
Copyright(C) 2017 CebuPia.com All Rights Reserved. お問合せ