血盟記念碑 / Monument of Blood Compact
セブ島の観光・旅行・生活情報
Monument of Blood Compact
血盟記念碑
初代総督レガスピとボホールの酋長シカツナが友好を誓い血盟を交わした記念碑
ジャンル CebuPia観光リゾート観光スポット
エリア ボホール島 
アクセス タグビララン(Tagbilaran)市内から東方向に車で10分程に位置
サイト共有
印刷する
ボホール島の南部の血盟記念碑
血盟記念碑(Monument of Blood Compact)はボホール島(Bohol)の南部、タグビララン(Tagbilaran)の東方向に位置しています。スペイン人のフィリピン初代総督ミゲル・ロペス・デ・レガスピは、マゼランがフィリピンを訪れてから40年以上が経過した1562年にボホール島に上陸。そこで島民の信頼を得たレガスピは、当時のボホール島の酋長シカツナと、友好の証としてお互いの血をワインに入れて飲み干しました。その時の様子を表しているのがこの記念碑。海を望む場所に位置しており、ボホール旅行・観光の名所となっています。この血盟のことを「サンデュゴ」といいます。

<海を背景にする血盟記念碑 >

<記念碑の後ろに海を望む >

<隣にはきれいなレストラン >
血盟記念碑の地図
おすすめスポット
ボホール島の観光リゾート

アロナ・ビーチ

ボーホル島の西側のパングラオ島の南西部にあるアロナビーチ

ターシャ観察区域 ロボックボホール

世界一小さな霊長類、ターシャを観察できる森です。

チョコレート・ヒル

大自然が織り成す神秘的な奇怪、チョコレート・ヒル

ロボック川クルーズ

ボホール島観光名所の一つ、ロボックリバークルーズ(川くだり)

血盟記念碑

初代総督レガスピとボホールの酋長シカツナが友好を誓い血盟を交わした記念碑

ボーホル島

チョコレート・ヒルズとターシャが生息する、フィリピン10番目の規模の島。

フィリピン留学ならフィルスタディ(Philstudy)
Copyright(C) 2018 CebuPia.com All Rights Reserved. お問合せ