カオハガン島 / Caohagan Island
セブ島の観光・旅行・生活情報
Caohagan Island
カオハガン島
日本人の崎山克彦氏が所有し、住民たちと共存するサンゴ礁に囲まれた島。
ジャンル CebuPia観光リゾートリゾート地
エリア オランゴ島周辺 
アクセス マクタン島からアイランドホッピングで行きます。
運営サイト ホームページ   
サイト共有
印刷する
カオハガン島(Caohagan Island)はセブ島とボホール島のあいだ、オランゴ環礁の珊瑚に囲まれた周囲2キロほどのリゾート島。海面のすぐ下には珊瑚礁が育っています。元出版社社長の崎山克彦氏が購入し、この場所にコテージを建設。『何もなくて豊かな島』など多数の著書を通して知られるようになり、日本からも観光客が訪れます。自給自足の島ですが、島の女性たちがパッチワークのようなキルトを作りこれを経済的な支えにしています。アイランドホッピングツアーにも人気です。

島名:カオハガン島
所属:ラプ・ラプ市
人口:約600人(2013年)
海岸:白砂浜と珊瑚礁の海
観光:コテージ有り・バーベキュー
距離:マクタン島からパンボートで約1時間

<穏やかな波の上のカオハガン島(Caohagan Island) >





おすすめスポット
オランゴ島周辺の観光リゾート

パンダノン島

青々とした海と珊瑚礁、白砂のビーチが美しい島です。

カオハガン島

日本人の崎山克彦氏が所有し、住民たちと共存するサンゴ礁に囲まれた島。

オランゴ島

マクタン島からも近く、渡り鳥が飛来するマングローブ湿地のある島

ナルスアン島

アイランドホッピングで最も有名なナルスアン島

フィリピン留学ならフィルスタディ(Philstudy)
Copyright(C) 2018 CebuPia.com All Rights Reserved. お問合せ