セブ島のオスロブのジンベイザメ・観光・旅行
セブ島の観光・旅行・生活情報

エリアガイド

CebuPiaエリアガイドオスロブ
マクタン島セブ市内オランゴ島周辺ボホール島モアルボアル

オスロブ

位置 セブ島南部の東海岸に位置する町で、セブシティからは約130キロメートルのところに位置
アクセス セブ市内のサウスバスターミナルからおよそ3時間
観光リゾート内容 世界からの観光客が訪れるジンベイザメの町として有名な地域。30分距離で島巡りツアー(アイランドホッピングツアー)で美しい島のスミロン島も楽しめます。

ジンベイザメの町、オスロブ(Oslob)

オスロブ(Oslob)はジンベイザメの町として有名な地域。セブ島南部の東海岸に位置する町で、セブ市(Cebu City)からは約130キロメートルのところに位置します。
セブ市のサウス・ターミナル(south terminal)からバスに乗車すると、およそ3時間30分の距離。ジンベイザメの餌付けに成功しており、行くとほぼ確実に出会うことができるという世界的にも珍しい場所です。その様子を見ようと、ここには数多くの観光客たちが訪れます。午前中がベストだといわれ、日帰りの場合は早朝にセブ市(Cebu City)を出発します。

<海から見たジンベイザメの町、オスロブ >
ジンベイザメと泳げる
ジンベイザメは、テンジクザメ目ジンベエザメ科に属するサメで、熱帯や温帯の海域に生息しています。体長5mから大きいものでは20mともいわれ、魚類のなかでは最大級の体長を誇ります。主にプランクトンを食べるため、人を襲うことはありません。セブ周辺のダイビングスポットでも各地で見ることができますが、オスロブがジンベイザメ一番の名所です。ここではカヌーのようなボートに乗り、ジンベイザメがいるところまで近づいて見る又は、スノーケリングしながら一緒に泳ぐことができます。日本では、沖縄の美ら海水族館や横浜・八景島シーパラダイスでも見ることができます。

<海の中でもジンベイザメを見れます >


<陸地から100メーターですぐジンベエザメ >

セブシティからのアクセスと料金
●バスで行く場合
セブシティのサウスバスターミナルからおよそ3時間。エアコン付きとエアコン無しのバスがあります。料金は150~160ペソ。ジンベイザメが見られるところは、終点より手前のため、乗務員にWhale Shark Watching(ホエール シャーク ウォッチング)と伝えます。

ジンベイザメの見学には入場料金がかかります。外国人は現地人よりも割高です。
外国人:1,000ペソ
フィリピン人:500ペソ

●ツアーの申し込み方法
行くのに不安がある場合にはツアーが安心です。日本からのセブ島旅行ツアーでジンベイザメツアーがセットになっているプランがあります。ホテルからバスが出発します。オプションツアー等は個人で行くよりも割高になります。

<ジンベイザメの近くで泳げる >

Cebu Oslob セブ島のオスロブのジンベイザメ

スミロン島(Sumilon Island)
オスロブで船で30分行ったところにスミロン島と言う綺麗な島があります。スミロン島はセブ島南部の東の沖合に位置する島です。ホワイトビーチがあり、水がとても透明です。ラグーンもある美しい場所です。オスロブで船で30分距離です。セブシティ(セブ市内)のサウス・バスターミナルから直接スミロン行きバスに乗り、約2時間30分ほどで桟橋に到着します。ここからバンカーボートに乗り、約20分ほどで訪れることができます。

●スミロン島日帰りツアー
オスロブのリゾートホテルで、スミロン島への日帰りツアーを申し込むことができます。島への往復と昼食代などがセットになったツアーです。セブ島のMainit Portから船で渡ります。

<スミロン島のホワイトビーチ >


<水がとても透明 >

オスロブ(Oslob)のマップマップ

オスロブのおすすめのスポット

スミロン島

ジンベイザメツアーで有名なオスロブから30分の距離。

海の家 T2ゆかり

日本人夫婦経営の海の家。ジンベイザメツアーや宿泊施設もあります。

オスロブのジンベイザメ

ジンベイザメと一緒に泳げる海。日本では体験できないジンベイザメと泳げるスポット!

フィリピン留学ならフィルスタディ(Philstudy)
Copyright(C) 2017 CebuPia.com All Rights Reserved. お問合せ