セブ、ボホール島の旅行・観光・ツアー情報
セブ島の観光・旅行・生活情報

エリアガイド

CebuPiaエリアガイドボホール島
マクタン島セブ市内オランゴ島周辺モアルボアルオスロブ

ボホール島

位置 セブ市内やマクタン島から南東に位置する島
アクセス セブ市内にあるセブ港(Cebu Pier)から船で最短約1時間30分で訪れることができます。
観光リゾート内容 セブ島のすぐ南隣にあり、幻想的なチョコレートヒルズ、世界で一番小さいメガネザル・ターシャ、ロボック川クルーズなど見どころいっぱいの大自然のリゾート島です。

<ボホール島の位置と地図>

ボホール島の位置と地図

ボホール島(Bohol Island)は、セブ島の南東に位置する島です。フィリピン国内でも10番目の規模を誇る島で、面積は4,117平方キロメートル、徳島県の面積と同程度です。セブ港(Cebu Pier)から船で最短約1時間30分で訪れることができる島です。ボホール州の州都で、最大の街であるタグビララン(Tagbilaran City)や、石灰岩でできた山であるチョコレートヒルズ(Chocolate Hills)、世界一小さな類人猿のターシャ(眼鏡猿、メガネザル、学名:familia Tarsiidae、英語名:Tarsier)などが生息している島です。
ボホールの州都タグビラランへ
タグビララン(Tagbilaran City)はボホール島(Bohol Island)の中心都市。ボホール州の州都ながらも小さな都市ですが、市街地にはお店が立ち並び、スーパーやボホール大学、観光案内所などもこの地域に位置しています。ダオ・バスターミナルからは、バスやジプニーに乗って、島内の観光地を訪れることができます。タグビラランとセブ島は船で結ばれています。
ロボック川クルーズ(Loboc River Cruise)
タグビラランから車でおよそ45分、約25キロ離れたところに位置するロボック(Loboc)村には、南国の木々と緑豊かな密林が生い茂るロボック川が流れています。ここではクルーズを体験することができます。屋形船のような20~30人ほどの大きな船に乗って、川を下っていきます。船の上では女性たち、バーベキュー(BBQ)のランチを食べながら川を下ります。

<ロボック川のクルーズ >
吊橋
ロボック川の観光名所となっているのが、ハンギングブリッジ(吊り橋)です。竹で出来た橋を歩いていって渡ります。吊り橋から落ちないように、気をつけて進んでいきましょう。緑色の川が下に見えていて、そこをゆっくりとわたります。
チョコレートヒル(Chocolate Hills)
チョコレートヒルは、ボホール島の中央に位置する丘のこと。石灰岩からなる円錐状の小さな丘で、約1200個ほどあるといわれています。チョコレートヒルが形成された過程は解明されていませんが、チョコレートと呼ばれるのは、丘の草が乾季のころに枯れてしまい茶色になることからいわれています。自然が生み出した風景を、展望台から眺めてみましょう。ダオ・バスターミナルからカルメン行きバスに乗車し、約2時間30分。

<大自然が織り成す神秘的な奇怪、チョコレート・ヒル >
ターシャ(眼鏡猿、Tarsier)
ターシャは世界最小の眼鏡猿です。体長はわずか10㎝、大きな目を持っていながらも正面しか見ることができず、首を回してあたりを見回します。ボホール島でしか生息できないといわれ、ストレスにとても弱いため、直視されると自ら頭をぶつけて自殺してしまうそうです。観光客はマナーを守って見物しましょう。ターシャに合うためには、島内にいくつかあるターシャ保護センターを訪れることです。

血盟記念碑
血盟記念碑(Monument of Blood Compact)は、1562年にスペイン提督レガスピと、フィリピン現地の首長シカツナが血盟を結んだ場所で、ワインにお互いの血を入れて飲んで友好を確認しあったと言われています。この血盟のことを、一つの血を意味する「サンデュゴ」と呼び、毎年7月にはサンデュゴフェスティバルが開かれています。

<海を背景にする血盟記念碑 >
バクラヨン教会
バクラヨン教会は、タグビラランから東に離れたバクラヨンのなかに位置する1595年に建設された、ボホール島で最も古い教会のひとつです。スペイン統治時代に建設されました。
パングラオ島
パングラオ島は、ボホール島の州都、タグビララン市から2本の橋でつながれた小さな島です。リゾートとビーチを満喫するために、世界各地からあらゆる人たちがパングラオ島に訪れます。ボホールの州都にあるタグビララン空港からはタクシーを利用します。空港からアロナ・ビーチまでは約40~50分ほどです。ボホール島の観光を含めて、楽しむことができます。パングラオ島の沖合にある、バリカサグ島はダイビングスポットとしても人気を集めています。

<遠浅のビーチが魅力のアロナビーチ(Alona Beach) >
ボホール島の半日ツアー
ボホール島の観光スポットをめぐるにはツアーを利用するのが便利。セブ島などから訪れた人でも楽しめる4~5時間の半日ツアーはボホール島で最も有名なチョコレートヒルやメガネ猿、ターシャを見ることができます。また、ボホール島でゆっくり滞在できる方には1日プランの利用がおすすめです。ツアーで申し込む場合、オプショナルツアーにも含まれています。

<セブからタグビラランの港に着くと多くのツアー業者がいます。 >
ボホール島のグーグルマップ

ボホール島のおすすめのスポット

アロナ・ビーチ

ボーホル島の西側のパングラオ島の南西部にあるアロナビーチ

ターシャ観察区域 ロボックボホール

世界一小さな霊長類、ターシャを観察できる森です。

チョコレート・ヒル

大自然が織り成す神秘的な奇怪、チョコレート・ヒル

ロボック川クルーズ

ボホール島観光名所の一つ、ロボックリバークルーズ(川くだり)

血盟記念碑

初代総督レガスピとボホールの酋長シカツナが友好を誓い血盟を交わした記念碑

ボーホル島

チョコレート・ヒルズとターシャが生息する、フィリピン10番目の規模の島。

フィリピン留学ならフィルスタディ(Philstudy)
Copyright(C) 2017 CebuPia.com All Rights Reserved. お問合せ