セブ島のセブ市内の観光・旅行情報
セブ島の観光・旅行・生活情報

エリアガイド

CebuPiaエリアガイドセブ市内
マクタン島オランゴ島周辺ボホール島モアルボアルオスロブ

セブ市内

位置 セブ本島の東側に位置、セブ市内はセブシティとマンダウエシティで構成。マクタン・セブ国際空港があるマクタン島から橋を渡って西側にあります。
アクセス マクタン・国際空港から車で車で30-40分の距離にあります。
観光リゾート内容 昔繁盛したセブ港周辺のダウンタウンには歴史的な遺跡地や博物館が多くてセブ市内観光のコースになります。ニュータウンにはアヤラモールやSMモールなどの繁華街で買い物が楽しめます。

<セブ市内の位置と地図>

セブ市内の位置と地図

セブ本島の繁華街のセブ市内は、主にセブ・シティ(Cebu city)とマンダウエ・シティ(Mandaue city)で構成されています。人口は2010年現在、約87万人でフィリピン5番目の都市です。フィリピン屈指のリゾート地とセブ国際空港があるマクタン島(Mactan Island)と2本の橋でつながっています。タクシーで30-40分ぐらいの距離です。1521年にマゼランが上陸して以来スペインの影響を受け、街中には教会をはじめ、史跡などの歴史的な建物が多いダウンタウン地域と、近年外国からの投資も行われ、発展を続けているITパーク(IT PARK)などのアップタウン地区やニュータウン地区が主なエリアになります。

<アヤラモール(Ayara)から見たセブ市内の風景>

セブ島の歴史

セブ州はセブ島、マクタン島、バンタヤン島など大小167の島からなり、州都はセブ・シティ(Cebu CIty)です。1521年、ポルトガルの探検家マゼランの上陸によって世界の歴史の表舞台に登場します。そのときに王や民衆たちをキリスト教に改宗させ、スペインによる統治の足がかりとしました。フィリピンがスペインの植民地となり、様々な文化がもたらされました。教会や大学などの建築はもちろん、生活様式などにも影響を与えるようになります。フィリピン人の英語力や安い労働力を背景に、IT企業がアウトソーシング先として進出しています。
セブ市内のエリア
1.ダウンタウン地区
ダウンタウン地区はセブ港を中心とする地域で、植民統治の歴史を感じさせる多くの建物が残っています。ここにはコロン通りと呼ばれる最古の通りがあります。マゼランによる幼きキリスト像が奉られたサントニーニョ教会や、スペイン統治時代に築造されたサンペドロ要塞や、庶民の生活が垣間見られるカルボン・マーケットなどがあります。治安があまりよくないので、夜間に訪れるのはおすすめできません。

2.アップタウン地区
アップタウン地区は、オスメニャ・サークルというロータリーを中心にした地域です。ここにはロビンソン・デパートなど、かつてのショッピングの中心街がありました。周辺の路地裏には屋台街が立ち並んでいたりして、現地のチープグルメが味わえます。ロータリーの東側にはセブ最大の繁華街、マンゴースクエアがあります。

3.ニューアップタウン地区
ニューアップタウン地区には、大型ショッピングモールのアヤラ・センター・セブのほか、企業や貿易の中心地であるセブビジネスパークがあり、高層レジデンスなども多いエリアです。さらに北側の方角にはITパークなどのビジネスの地域があります。若者たちにとっても観光客にとっても楽しめる比較的新しい街です。周辺には緑地が多く、景観も美しい地域です。

4.高級住宅地のビバリーヒルズとマリアルイーサ
セブ市内を見下ろすように位置するこの地域には、多くの富裕層たちが住んでいます。華僑たちが建てた道教寺院周辺、そしてセブのお金持ちたちが邸宅を構えるビバリーヒルズがあります。庶民的な暮らしとは掛け離れた暮らしをした人たちが住んでいる地域です。

<セブ島市内マップ >

<CIJ Academy sparta 英語学校>

セブ島の語学留学

2000年代前半からセブ島には語学学校が増えはじめました。費用が安くて、マンツーマンレッスンが受けられることから、近年では、日本からも英語の語学留学先として人気を集めています。セブでは主に寮に滞在しながらレッスンを受けるスタイルです。語学学校はセブ市内に集中しており、平日はみっちり勉強し、休日はリゾート地やショッピングモールに出かけたりして過ごすことができます。

<代表的な巨大ショッピングモール、アヤラモール>

セブ市内でショッピング

セブ市内でショッピングを楽しむには、ショッピングモールがおすすめ。セブ島で最大規模を誇る、庶民派のショッピングモールSMシティ・セブ(シューマート)や、各国のレストランが多く、高級感漂うアヤラ・モールはおすすめです。ほかにも様々なショッピングモールがあります。

<ITパーク>

各国のオフィスが集まる洗練されたIT商業タウン

セブのITパーク(IT PRAK)は、各国のオフィスやコールセンターが集結する商業団地。セブ市内でも新しく洗練された、比較的安全な街です。この場所で仕事をするコールセンターの社員をはじめ、若者たちが集うストリート。グルメやカフェが集まっており、昼夜問わず楽しめる地域です。セブのニュータウンの代表的な地域です。

<マンゴースクエア mango square>

セブの繁華街・夜遊び

セブの繁華街は、アップタウン地区にあるショッピングセンターおよび繁華街、マンゴースクエア(Mango Square)。セブに滞在している外国人や現地の人たちが集まり、踊って飲んで夜を明かします。治安がよいわけではないので、くれぐれも飲みすぎてスリにあったりしないよう注意!セブのバニラッド地区にあるモールのクロスロードは、レストランやスパのほか、ナイトクラブがあります。また、A.Sフォーチュナー通りには、日本人が経営するカラオケのお店もあります。カジノはセブの五つ星ホテル、ウォーターフロントセブシティーホテル&カジノにあります。
治安と対策
夜の出歩きや一人歩きには注意が必要です。暗くて人通りの少ない道や、路地には入らないように注意しましょう。夜に出歩く場合には、安全な場所からタクシーに乗って行くようにします。夜のダウンタウンにはストリートチルドレンが多く、行かないことをおすすめします。

<大衆交通手段のジプニー>

セブの交通

セブ市内を観光で移動する場合は、タクシーを利用するとよいでしょう。その際、メーターが倒されるかどうかしっかり確認しなければなりません。安全かどうかわからない場所や夜間は徒歩での移動はできるだけ避けましょう。セブ島各地への移動の際は、バスを利用します。セブ島北部に行く場合は北ターミナル、セブ島南部に行く場合は南ターミナルに行き、それぞれのバスターミナルからバスに乗車します。
マンダウエ市・バニラッド地区
マンダウエ市は、セブの首都圏であるメトロ・セブに位置する市。マクタン島と2本の橋でつながっているのはマンダウエ市です。人口は約35万人で、人口密度も高い地域。市内でもバニラットには日本人駐在員も数多く住んでおり、A.Sフォーチュナ通りには、日本のスーパーや飲食店も多く集まっています。また、この通りにはショッピングセンターのJセンターモールがあります。
セブの埋め立て地SRP
セブ南部には埋め立て地の開発が進んでいます。サウス・ロード・プロパティ(SRP)と呼ばれ、ここには日本をはじめ、海外の資本が次々と投入されています。2014~2015年にかけて完成する予定です。完成するとアジア最大級の施設が出来上がります。
セブ島市内のグーグルマップ

セブ市内のおすすめのスポット

エビスヤ

セブ島で最もオシャレな日本食レストラン

トップス・レスト

観光スポットで有名なトップス展望台の韓国レストラン!

エス・ティー・ケー・タ・ベイ!

フィリピン料理のグリル&シーフードレストラン

ファングン

韓国式中華料理を提供するセブNo.1人気の韓国レストラン

ルスタンス デパート

アヤラモールのセブ最高級デパート

ロビンソンズ・スーパーマーケット

あらゆるものが揃うフィリピンのスーパーマーケットチェーン。

レッドハウス・台湾しゃぶしゃぶ

さっぱりした味でとっても美味。セブで一番有名なしゃぶしゃぶ専門店

ザ・ティンダーボックス

イタリア料理

リサール記念図書館・博物館

英雄ホセリサールにちなんで名付けられた図書館・博物館

ジャーマンハウス

ドイツ生まれのシェフが作る本格派、ドイツ料理。

ラーシャンマーケット

屋台村のラーシャンマーケット

セブ・メトロポリタン大聖堂

サントニーニョ教会に隣接するフィリピン最古級の聖堂です。

ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノ

セブシティー最大規模のウォーターフロントホテルにあるカジノ

マリオットホテル

セブ最大ショッピングモールアヤラモールの近くにある

ヤップの家

ヤップの家は、今から300年以上前に建てられたセブで一番古い家です。

パリアン広場

セブの歴史的な出来事を記念した小さい広場

ジョリビー

フィリピンのNO.1のハンバーガーとチキンファーストフードチェーン店

知暮里(チボリ)

日本式本格シャブシャブが楽しめるITパーク内の日本レストラン

エスエムモール (エスエム・シティ・セブ)

庶民的でローカル感じのセブ2大の巨大ショッピングセンター

セブ州庁舎

オスメニャ大通りの終点にあるセブ州政庁舎

イミグレーション(マンダウエシティ)

マンダウエのJ Centerモール内にあるビザ関連の入国管理局

セブ港 (せぶこう)

スペイン統治時代以前から続く、フィリピン国内でも主要な港。

ノース・バスターミナル

セブ島の北方面への玄関口のノース・バスターミナル

サウス・バスターミナル

セブ市の南部方面行きのバスターミナル

セブ・カントリークラブ

セブ市内にある、日本人メンバーの多い老舗名門ゴルフクラブ

アルタビスタ・ゴルフ&カントリー・クラブ

セブシティーを一望できる眺望のよい丘の名門ゴルフコース

チョンホワ総合病院

セブ島の最大病院・最新設備のジャパンヘルプデスクがある。

オスメニアサークル

セブシティー・アップタウンの中心に位置する円形の広場

マリアルイーサ

セブの高級住宅地として有名な地域

もしもし

上カルビや牛タンなどの日本式焼肉専門店

フィリピン留学ならフィルスタディ(Philstudy)
Copyright(C) 2017 CebuPia.com All Rights Reserved. お問合せ