セブ英語学校の価格
セブ島の観光・旅行・生活情報

CebuPiaセブ英語留学セブ留学の価格
セブ英語留学英語留学の魅力フィリピン留学の特徴セブ留学のコースセブ留学の手続き
なまり、発音

セブ留学の価格

フィリピン留学の価格
フィリピン留学の価格は、学費や寮費(3食食費、洗濯など込み)の総額で1か月12~14万円程度となるのが一般的です。カナダ等での語学留学と、それほど大差がないと考える人もいますが、フィリピンの場合はマンツーマンレッスンで学べる点や、外に出ると物価が安い、という点も評判になっている理由なのでしょう。何よりもコストパフォーマンスがよいことが、フィリピン留学の大きな魅力なのです。
実際はどのくらいかかる?
12~14万円程度の学費や寮費に加え、渡航費や保険料、教材費などが別途必要です。それに加え電気代は部屋ごとに支払うのが一般的で、水道代も同様に払わなければならない可能性があります。また、現地でビザ(VISA)を延長する場合にはその費用もかかります。単純に1ヶ月だけ語学留学した場合、飛行機代も全て含めると2人部屋基準で20万円~24万円程度。もちろん目安ではありますが長期で滞在する場合は、1ヶ月平均で20万円弱と考えるとよいでしょう。
現地でのお小遣い、飲食費
学校外での飲食費や遊興費などにかかる費用は人によっても異なりますが、月1万円程度あれば問題ないようです。飲み会をしたりするにも、現地のお店に行けば一人あたり1,000円超えることは少ないでしょう。もちろん旅行をしたりと、ほかにも贅沢をしたいと考える人ならば、予算はこれよりも多めに見積もっておくとよいでしょう。
SSPとは!?
SSP(Special Study Permit)とはフィリピン政府による就学許可書のことで、フィリピンで授業を受ける場合には必ず取得しておかなければならない証明書のことです。観光ビザのみで授業を受けると、違法となり摘発された場合に罰金が課せられる上、強制退去させられてしまうので、学校を通して必ず取得することになります。本来は銀行の残高証明書など各種書類が必要となりますが、紙で発行される場合もあるといい、取得後にもVisaとSSPの確認はしっかり行っておくことが重要です。

基本情報

フィリピン概要
国旗と基本情報 国歌
歴史 地理
国旗 人口
言語 気候
国民性・性格 宗教
領事館 料理
治安 天気
お土産 携帯電話
平均月収と平均年収 服装
主な産業
出入国とビザ
航空便と直行便 パスポートとビザ
出国 入国審査
マニラ国際空港 セブ国際空港
出入国カード 税関申告書
時差 飛行時間
為替レート 両替
空港税 入国管理局
セブ港 保険
持ち物 フィリピン国内線
第三国乗り継ぎ
セブ島の基本情報
基本概要 人口
言語 歴史
地理 気候
性格 宗教
周りの島 天気
セブ島の生活情報
平均収入月収 電気と電圧
予防接種 ネット・wifi
治安 注意点
病院と薬局 祝祭日・カレンダー
チップ 服装
クレジットカード 銀行&ATM
携帯電話と国番号 SMS文字略語
郵便・住所 交通
祭り 物価
カジノ 夜遊び
マナー 料理
飲料水 グルメと食事
野菜 果物
魚介類
不動産・住宅 メイド
通貨 外国人登録カード
教育 テレビ・放送
買い物 コンビニ
移住 免税店
ロングステイ 大学
セブの外国人 緊急連絡
家族関係 セブの夜
電話番号
観光・旅行
リゾート ホッピングツアー
リゾートホテル ゲストハウス
日帰り利用 お土産
ダイビング シュノーケリング
ビーチ
サーフィン ジンベイザメ
ベストシーズン セブの魚図鑑
マッサージ
日本発ツアー
セブ英語留学
セブ英語留学 英語留学の魅力
フィリピン留学の特徴 セブ留学のコース
セブ留学の価格 セブ留学の手続き
なまり、発音
ビジネス
会社設立 社員募集
自営業 ビジネスアワー
給料 日本人向け仕事
産業 税金
日系企業 貿易
セブの名物
マンゴー シヌログ祭り
レチョンバブイ サンミゲルビール
バンカボート セブ島刑務所
カジノ 闘鶏
タバコのバラ売り サリサリストア
ラーシアン ギター
名物おまわりさん ターシャ
トッコー ジプニー
トライシクル シーウォーカー
パパイヤ石鹸 フィリピン民芸品
ハンドサニタイザー ジュースバック
パックジュース バナナケチャップ
ポルボロン ハロハロ
オタップ カラマンシージュース
ラプラプ チョコレートヒル
グリーンマンゴージュース カピス
ゲートボール スパ
SRP グラフィティーアート
スケートボード プソ
フィリピン留学ならフィルスタディ(Philstudy)
Copyright(C) 2017 CebuPia.com All Rights Reserved. お問合せ