英語留学の特徴
セブ島の観光・旅行・生活情報

CebuPiaセブ英語留学フィリピン留学の特徴
セブ英語留学英語留学の魅力セブ留学のコースセブ留学の価格セブ留学の手続き
なまり、発音

フィリピン留学の特徴

個人レッスンが中心
英語以外の言語を含めて、多くの国での語学学習はグループレッスンが一般的です。発言を積極的に行う人もおり、シャイだったりのんびりとした性格だったりすると、なかなか発言できないことがあります。フィリピン留学では、教師1:学生1で話すマンツーマンレッスンがあるため、その点の心配は無用です。自分のペースでレッスンが受けられるのがフィリピン留学の大きな特徴です。
寮生活が基本
フィリピン留学は全寮制で、寮での生活が基本となります。食事が3食付き、掃除や洗濯などをしてもらえるのが大きなメリットです。2~6人の部屋で共同生活を送るのが一般的ですが、どうしても苦手な場合は、1人部屋のほうを選ぶとよいでしょう。共同生活の場合は、日本以外の国籍の人と仲良くなれるというメリットもあります。1人部屋の場合は自分のペースで集中して学習ができるでしょう。フィリピンには韓国資本の学校がほとんどで、韓国人の学生が多いだけでなく、寮の食事は韓国料理が中心で辛い味付けの食べものが多くなります。
短期集中に適している
多くの国では語学学校は4時間の場合がほとんどですが、フィリピン留学では1日8時間にもおよぶ語学学習が可能です。1日4時間授業の場合は、200時間の授業を終えるのに2ヶ月強かかりますが、フィリピンではその半分の期間で終えられます。語学の学習は予復習が最も重要とされているため、自習時間を十分に取る必要がありますが、学校に寮があるために通学時間をとられる心配もなく、1日中英語学習に集中できる環境だといっても過言ではありません。
短期間の留学もOK!
フィリピン留学は1週間から、10日の短期間での留学も可能です。学生の方なら夏休みを利用して英語を勉強したり、社会人の方なら会社を辞めたり休職したりすることなく、休暇を利用して留学することができます。寮の空き状況などを考慮すると、1か月以上前から申し込んでおくのが望ましいのですが、1か月を切っていても可能な場合もあります。次の休暇を利用して短期留学にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

基本情報

フィリピン概要
国旗と基本情報 国歌
歴史 地理
国旗 人口
言語 気候
国民性・性格 宗教
領事館 料理
治安 天気
お土産 携帯電話
平均月収と平均年収 服装
主な産業
出入国とビザ
航空便と直行便 パスポートとビザ
出国 入国審査
マニラ国際空港 セブ国際空港
出入国カード 税関申告書
時差 飛行時間
為替レート 両替
空港税 入国管理局
セブ港 保険
持ち物 フィリピン国内線
第三国乗り継ぎ
セブ島の基本情報
基本概要 人口
言語 歴史
地理 気候
性格 宗教
周りの島 天気
セブ島の生活情報
平均収入月収 電気と電圧
予防接種 ネット・wifi
治安 注意点
病院と薬局 祝祭日・カレンダー
チップ 服装
クレジットカード 銀行&ATM
携帯電話と国番号 SMS文字略語
郵便・住所 交通
祭り 物価
カジノ 夜遊び
マナー 料理
飲料水 グルメと食事
野菜 果物
魚介類
不動産・住宅 メイド
通貨 外国人登録カード
教育 テレビ・放送
買い物 コンビニ
移住 免税店
ロングステイ 大学
セブの外国人 緊急連絡
家族関係 セブの夜
電話番号
観光・旅行
リゾート ホッピングツアー
リゾートホテル ゲストハウス
日帰り利用 お土産
ダイビング シュノーケリング
ビーチ
サーフィン ジンベイザメ
ベストシーズン セブの魚図鑑
マッサージ
日本発ツアー
セブ英語留学
セブ英語留学 英語留学の魅力
フィリピン留学の特徴 セブ留学のコース
セブ留学の価格 セブ留学の手続き
なまり、発音
ビジネス
会社設立 社員募集
自営業 ビジネスアワー
給料 日本人向け仕事
産業 税金
日系企業 貿易
セブの名物
マンゴー シヌログ祭り
レチョンバブイ サンミゲルビール
バンカボート セブ島刑務所
カジノ 闘鶏
タバコのバラ売り サリサリストア
ラーシアン ギター
名物おまわりさん ターシャ
トッコー ジプニー
トライシクル シーウォーカー
パパイヤ石鹸 フィリピン民芸品
ハンドサニタイザー ジュースバック
パックジュース バナナケチャップ
ポルボロン ハロハロ
オタップ カラマンシージュース
ラプラプ チョコレートヒル
グリーンマンゴージュース カピス
ゲートボール スパ
SRP グラフィティーアート
スケートボード プソ
フィリピン留学ならフィルスタディ(Philstudy)
Copyright(C) 2017 CebuPia.com All Rights Reserved. お問合せ