フィリピン・セブ島の教育
セブ島の観光・旅行・生活情報

CebuPiaセブ島の生活情報教育
平均収入月収電気と電圧予防接種ネット・wifi治安注意点
病院と薬局祝祭日・カレンダーチップ服装クレジットカード銀行&ATM
携帯電話と国番号SMS文字略語郵便・住所交通祭り物価
カジノ夜遊びマナー料理飲料水グルメと食事
野菜果物魚介類不動産・住宅メイド
通貨外国人登録カードテレビ・放送買い物コンビニ
移住免税店ロングステイ大学 セブの外国人緊急連絡
家族関係セブの夜電話番号

教育

フィリピンの教育
フィリピンの教育制度は、初等教育(小学校)6年、中等教育(中学校4年、高等学校2年)で構成され、12年制になっており、これに幼稚園教育がプラスされます。初等教育から中等教育までは無償ですが、義務教育なのは小学校の6年だけです。近年までは10年制でした。卒業する年齢が若いために先進国と歩調が合わなかったり、短期間の詰め込み教育が問題視されたり、との理由から徐々に新しい教育制度に移行しつつあります。
フィリピンの英語教育
フィリピンでは国語と国民教育(社会や芸術など)の科目のほか、数学、理科などは英語で授業が行われています。小学校1年生から1日平均すると1時間~2時間程度の英語の授業を受けているのです。それに加え、テレビや新聞などのメディアで1日じゅう英語に触れることができ、街中の映画館では英語の映像が字幕なしで上映されているほどです。海外のコールセンターが集まり、他の職業に比べて給料が高いため、とくに女子大学生の就職先として選好されているようです。
セブ島のフィリピン人
セブ島に住む現地の人たちは、現地語であるセブアノ語に加え、フィリピンの国語であるタガログ語(フィリピノ語)、英語を使っています。そのため普段から3カ国語を使いこなしています。
セブ島の日本人の教育
セブ島には日本人学校がありませんが、セブ日本人補習授業校があります。現地に滞在する日本人の子ども向けに、主に日曜日の午前中に授業が行われています。マニラには全日制の日本人学校があります。

基本情報

フィリピン概要
国旗と基本情報 国歌
歴史 地理
国旗 人口
言語 気候
国民性・性格 宗教
領事館 料理
治安 天気
お土産 携帯電話
平均月収と平均年収 服装
主な産業
出入国とビザ
航空便と直行便 パスポートとビザ
出国 入国審査
マニラ国際空港 セブ国際空港
出入国カード 税関申告書
時差 飛行時間
為替レート 両替
空港税 入国管理局
セブ港 保険
持ち物 フィリピン国内線
第三国乗り継ぎ
セブ島の基本情報
基本概要 人口
言語 歴史
地理 気候
性格 宗教
周りの島 天気
セブ島の生活情報
平均収入月収 電気と電圧
予防接種 ネット・wifi
治安 注意点
病院と薬局 祝祭日・カレンダー
チップ 服装
クレジットカード 銀行&ATM
携帯電話と国番号 SMS文字略語
郵便・住所 交通
祭り 物価
カジノ 夜遊び
マナー 料理
飲料水 グルメと食事
野菜 果物
魚介類
不動産・住宅 メイド
通貨 外国人登録カード
教育 テレビ・放送
買い物 コンビニ
移住 免税店
ロングステイ 大学
セブの外国人 緊急連絡
家族関係 セブの夜
電話番号
観光・旅行
リゾート ホッピングツアー
リゾートホテル ゲストハウス
日帰り利用 お土産
ダイビング シュノーケリング
ビーチ
サーフィン ジンベイザメ
ベストシーズン セブの魚図鑑
マッサージ
日本発ツアー
セブ英語留学
セブ英語留学 英語留学の魅力
フィリピン留学の特徴 セブ留学のコース
セブ留学の価格 セブ留学の手続き
なまり、発音
ビジネス
会社設立 社員募集
自営業 ビジネスアワー
給料 日本人向け仕事
産業 税金
日系企業 貿易
セブの名物
マンゴー シヌログ祭り
レチョンバブイ サンミゲルビール
バンカボート セブ島刑務所
カジノ 闘鶏
タバコのバラ売り サリサリストア
ラーシアン ギター
名物おまわりさん ターシャ
トッコー ジプニー
トライシクル シーウォーカー
パパイヤ石鹸 フィリピン民芸品
ハンドサニタイザー ジュースバック
パックジュース バナナケチャップ
ポルボロン ハロハロ
オタップ カラマンシージュース
ラプラプ チョコレートヒル
グリーンマンゴージュース カピス
ゲートボール スパ
SRP グラフィティーアート
スケートボード プソ
フィリピン留学ならフィルスタディ(Philstudy)
Copyright(C) 2017 CebuPia.com All Rights Reserved. お問合せ