フィリピンの気候
セブ島の観光・旅行・生活情報

CebuPiaフィリピン概要気候
国旗と基本情報国歌歴史地理国旗人口
言語国民性・性格宗教領事館料理
治安天気お土産携帯電話平均月収と平均年収服装
主な産業

気候


気候と服装

フィリピンは熱帯モンスーン型気候で、年間を通して高温多湿です。季節を大きく分けると、雨季が6~11月、乾季が12~5月、そのなかでも最も暑いのは3~5月の時期です。雨季には南国特有のスコールが降ることが多くなり、なかには洪水や冠水の被害が発生する場合もあります。



しかし1日を通して雨が降り続けることは少ないでしょう。フィリピン沖では台風が多く発生するので、天気予報には注意する必要があります。首都のマニラでは気温が最も低いときでも約20度のため、基本的には夏の服装で問題ないでしょう。冷房が聞きすぎている場合や、標高が高い地方を訪れる場合には長そでが必要になります。
<フィリピンの気候>
12~3月 12~2月頃が1年間で最も気温の低い時期で肌寒い日もあるが、平均気温が25度を下回ることはない。最も快適な時期がこの頃。ダイビングはするには少し寒い。
4~5月(乾季) 最も気温、海水温が高いため、ダイビングにも適した時期。マンゴーが美味しいのもこの頃。セブでは4月~5月までは年間を通して降水量が最も低くなる時期で、学校は長期休業になる。
6~11月(雨季) スコールが降る日が多いが、一日中降ることは稀。

基本情報

フィリピン概要
国旗と基本情報 国歌
歴史 地理
国旗 人口
言語 気候
国民性・性格 宗教
領事館 料理
治安 天気
お土産 携帯電話
平均月収と平均年収 服装
主な産業
出入国とビザ
航空便と直行便 パスポートとビザ
出国 入国審査
マニラ国際空港 セブ国際空港
出入国カード 税関申告書
時差 飛行時間
為替レート 両替
空港税 入国管理局
セブ港 保険
持ち物 フィリピン国内線
第三国乗り継ぎ
セブ島の基本情報
基本概要 人口
言語 歴史
地理 気候
性格 宗教
周りの島 天気
セブ島の生活情報
平均収入月収 電気と電圧
予防接種 ネット・wifi
治安 注意点
病院と薬局 祝祭日・カレンダー
チップ 服装
クレジットカード 銀行&ATM
携帯電話と国番号 SMS文字略語
郵便・住所 交通
祭り 物価
カジノ 夜遊び
マナー 料理
飲料水 グルメと食事
野菜 果物
魚介類
不動産・住宅 メイド
通貨 外国人登録カード
教育 テレビ・放送
買い物 コンビニ
移住 免税店
ロングステイ 大学
セブの外国人 緊急連絡
家族関係 セブの夜
電話番号
観光・旅行
リゾート ホッピングツアー
リゾートホテル ゲストハウス
日帰り利用 お土産
ダイビング シュノーケリング
ビーチ
サーフィン ジンベイザメ
ベストシーズン セブの魚図鑑
マッサージ
日本発ツアー
セブ英語留学
セブ英語留学 英語留学の魅力
フィリピン留学の特徴 セブ留学のコース
セブ留学の価格 セブ留学の手続き
なまり、発音
ビジネス
会社設立 社員募集
自営業 ビジネスアワー
給料 日本人向け仕事
産業 税金
日系企業 貿易
セブの名物
マンゴー シヌログ祭り
レチョンバブイ サンミゲルビール
バンカボート セブ島刑務所
カジノ 闘鶏
タバコのバラ売り サリサリストア
ラーシアン ギター
名物おまわりさん ターシャ
トッコー ジプニー
トライシクル シーウォーカー
パパイヤ石鹸 フィリピン民芸品
ハンドサニタイザー ジュースバック
パックジュース バナナケチャップ
ポルボロン ハロハロ
オタップ カラマンシージュース
ラプラプ チョコレートヒル
グリーンマンゴージュース カピス
ゲートボール スパ
SRP グラフィティーアート
スケートボード プソ
フィリピン留学ならフィルスタディ(Philstudy)
Copyright(C) 2017 CebuPia.com All Rights Reserved. お問合せ